ドラマ情報局

最近のドラマの情報を紹介します。

タグ:9話

womanドラマ 視聴率 9話

u-mann

Womanも、最終回間近で、クライマックスを迎えています。

視聴率も、9話では、14.9%をマーク!

10話の視聴率は、大きく期待が、膨らみます!


■これまでの視聴率

視聴率      キャスト
17/3(69分)13.9%満島ひかり、田中裕子、
小栗旬、谷村美月、二階堂ふみ、
三浦貴大、臼田あさ美、高橋一生、
鈴木梨央、髙橋來、小林薫 etc


27/10(69分)11.3%
37/1711.4%
47/2413.9%
57/3112.6%
68/714.7%
78/1413.0%
88/2113.0%
98/2814.9%
10
平均視聴率:13.15%

 ■主題歌  
Voice(初回盤)
androp
ワーナーミュージック・ジャパン
2013-08-21

androp『Voice』

 

サマーヌード 9話 ネタバレ 画像あり
 
SUMMER NUDE <フジテレビ>
月曜21:00~21:54 (放送回数未定)

サマーヌード

SUMMER NUDE 
も、最終回へと迫ってまいりました。

9話のネタバレを画像付きで、紹介いたします(^O^)

第9話 9月2日木曜 夜9時


 朝日(山下智久)波奈江(戸田恵梨香)孝至(勝地涼)らは、久しぶりに「港区」に戻ってきた夏希(香里奈)を歓迎する。みんなが夏希にあれこれと質問をするうち、波奈江は、朝日と夏希が連絡を取り合っていたことを知る。 

 その後、夏希、波奈江、あおい(山本美月)は、波奈江の自宅に移動し女子会ノリで盛り上がる。単刀直入なあおいが波奈江に、朝日のことは完全に吹っ切れたのか、と聞く。すると波奈江は、朝日とは友だち同士のほうが向いていると悟ったのだ、と答える。

 そんな波奈江のもとに、光(窪田正孝)から今回は帰郷できない、とメールが届く。それを知ったあおいは、自分が光にメールを送っても10回に1度しか返信が来ないのだ、と不満を漏らし、波奈江は光をどう思っているのか、と聞く。

 次の日、「青山」のキッチンには、夏希と勢津子(板谷由夏)が立っていた。今年最後の営業となった「青山」は、大勢の客で賑わっていた。そのなかにいた朝日は、笑顔で働く夏希の姿をカメラに収める。

 やがて営業が終わり、「青山」の片付けを手伝っていた波奈江は、海辺ではしゃぐ朝日と夏希を複雑な心情で見つめる。

 その後、一同は「港区」にやって来るが、夏希だけが「青山」で仕事をしていた。それを聞いた波奈江は、夏希が「青山」で呼んでいる、と朝日に声をかけた。「青山」にやってきた朝日はそこにいた夏希に…。



サマーヌード 9話をお楽しみに!

SUMMER NUDE 公式サイトより 

   




ウーマン あらすじ 9話

Woman <日本テレビ>
水曜22:00~22:54 (放送回数未定)
 
ウーマン 

「Mother」のスタッフが送る本格ドラマ。愛する我が子のために、
命をかけて生きるシングルマザーの姿を描く物語。 
坂元裕二脚本

Womanもいよいよクライマックスを迎えるんではないですか?
目が、離せません!

8話の視聴率は、13%で、いい数字ですね。
まだ、何話まで続くか判りませんが、今後の展開が気になります。


出演者

満島ひかり 田中裕子 小栗旬 谷村美月 二階堂ふみ 鈴木梨央 小林薫(他)


あらすじ 9話


 
小春(満島ひかり)は数日間入院することに。
その間、紗千(田中裕子)が望海(鈴木梨央)と
陸(髙橋來)の面倒を見る。子供たちと過ごすうち、
望海の姿に子供のころの小春を重ねる紗千。
彼女は、小春と骨髄が適合するかを調べる検査を受けるために病院へ向かう。
一方、健太郎(小林薫)は紗千から、
小春の病気のことや栞(二階堂ふみ)が信(小栗旬)の死と
深く関わっていることを聞かされた。
そして、ある決意を胸に、家を出ていった栞のもとを訪ねる…。

Woman 第9話をお楽しみに!
   Woman 公式サイトより 

 

ラストホープ 視聴率 9話
<フジテレビ>
火曜21:00~21:54 (全11回)

rasutohopu














視聴率せっかく8話でもりかえしたのに
9話でまた、下がってしまいました。
10話、最終回で挽回できるのでしょうか?
気になります。

■視聴率
視聴率キャスト&スタッフ
11/15(69分)14.2%相葉雅紀、多部未華子、
田辺誠一、小池栄子、北村有起哉、
桜庭ななみ、平田満、髙嶋政宏、
小日向文世 etc

脚本 : 浜田秀哉
P : 成河広明、古屋建自
演出 : 葉山裕記、石井祐介、谷村政樹 etc

主題歌 : 嵐『Calling』
21/2211.9%
31/2911.4%
42/5(64分)11.9%
52/1211.6%
62/1910.4%
72/269.2%
83/511.4%
93/128.3%
10
11
平均視聴率:11.25%
 

夜行観覧車 あらすじ 9話
<TBS>
金曜22:00~22:54 (全10回

yako226











夜行観覧車 第9話のあらすじを紹介します。
早いもので第9話を迎えます。
最終回が近づいています、第9話しっかりと見ておいてください。


■あらすじ 第9話
_____________________________________

慎司(中川大志))は、坂留署の廊下で刑事の結城(高橋克典)に父親の弘幸(田中哲司)
殺害したのは自分だから母・淳子(石田ゆり子)を返して欲しい、と言い出す。
そして、その場にいた良幸(安田章大)比奈子(宮﨑香蓮)は絶句するしかなかった。
その話を聞き淳子は、結城に慎司に会わせてほしいと混乱したように嘆願する。

yako312













慎司を引き取るために、良幸と比奈子は親戚の晶子(堀内敬子)の元に身を
寄せることにしたのだが、晶子の夫から2,3日したら出ていって欲しいと言われてしまう。
そんな折、結城から電話がかかってくる。
本人の強い希望で、慎司が晶子の家ではなく児童養護施設に身を寄せることに
なったと知らされる。
良幸と比奈子が、真弓(鈴木京香)の車で児童養護施設にやってきたその時、出迎えた
施設職員に、結城が慎司を託していた。
慎司は、駆け寄る比奈子らに気がつくのだが振り返らず、職員と共に屋内に
入っていくのだった…。

夜行観覧車 第9話をお楽しみに!

泣くな、はらちゃん 9話 あらすじ 
<日本テレビ>
土曜21:00~21:54 (全10回)


naku33.png 

泣くな、はらちゃん9話のあらすじと視聴率を紹介します。 
最終回も間近になってきました、最終回まで見届けたいものです。
視聴率は、8話で少し上がって9,9%
9話と最終回で伸びてくれるかな。

視聴率キャスト&スタッフ
11/19(69分)12.9%長瀬智也、麻生久美子、
丸山隆平、忽那汐里、賀来賢人、
菅田将暉、甲本雅裕、小松和重、
稲川実代子、清水優、光石研、
奥貫薫、白石加代子、薬師丸ひろ子 etc

脚本 : 岡田惠和
チーフP : 大平太
P : 河野英裕、小泉守、萩原真紀
演出 : 菅原伸太郎、狩山俊輔 etc

主題歌 : TOKIO『リリック』
21/2610.3%
32/29.7%
42/99.3%
52/169.7%
62/2311.0%
73/29.3%
83/99.9%
9
10
平均視聴率:10.35%


 
■あらすじ
第9話  2013年3月16日放送
はらちゃん(長瀬智也)と漫画世界の仲間たちは、現実の世界には、暗く、
恐ろしく、悲しい一面もあるのだと知ってしまい・・・。


当然、「もとの世界に帰りたい」と言い始める仲間も出てきました。
しかし、はらちゃんは「それでも、私はこの世界の人間になりたいです」
と主張する。

一方では、百合子(薬師丸ひろ子)が町を出ようとしていました。
越前さん(麻生久美子)はそれを知り町を出ようとする、百合子を止めようと
走り出す。

またある日のことです、サッカーボールで遊んでいたはらちゃん達は、
ボールを悪い人にぶつけてしまったのです・・・。

はらちゃん達は、また嫌な思いをするのでしょうか?
泣くな、はらちゃん 第9話をお楽しみに!

とんび あらすじ 第9話
<TBS>
日曜21:00~21:54 (放送回数未定)

ton227













ドラマ とんびのキャスト、視聴率、第9話のあらすじを紹介します。
ヤスは、結婚したい人をアキラに紹介するが、アキラが思い描いた
女性とは、全然違っていて、またもヤスとアキラの言い争いが・・・。

視聴率キャスト&スタッフ
11/13(108分)17.0%内野聖陽、佐藤健、
吹石一恵、五十嵐陽向、荒川槙、
福崎那由他、常盤貴子、野村宏伸、
加藤貴子、音尾琢真、ベンガル、
麻生祐未、柄本明 etc

原作 : 重松清「とんび」
脚本 : 森下佳子
P : 石丸彰彦
演出 : 平川雄一朗、山室大輔、中前勇児 etc

主題歌 : 福山雅治『誕生日には真白な百合を』
21/2016.1%
31/2716.0%
42/312.0%
52/1012.8%
62/1712.6%
72/2412.9%
83/312.6%
9
10
平均視聴率:14.33%



ton36











■第9話 2013年3月10日放送

平成10年。
ヤス(内野聖陽)アキラ(佐藤健)から「結婚したい人がいるから会って欲しい」
と相談される。

その女性が年上で慶応大卒の美人と聞き、たえ子(麻生祐未)照雲(野村宏伸)
町中の人に自慢して回るヤスは、きっと美佐子(常盤貴子)に似ている女性に
違いないと上機嫌。

(写真)

しかし帰省当日、アキラとともに現れた由美(吹石一恵)を見て、年齢が予想以上に
上であり、美佐子にも似ていないことにヤスは機嫌が悪くなってしまう。

その様子に耐えられなくなった由美は、アキラより7歳年上であるだけでなく、
離婚経験があり子供もいることを打ち明けると、ヤスは結婚に猛反対。

言い争いになったアキラは由美を連れて東京に帰ってしまうのだが・・・。

(とんび TBSより)

とんび第9話をお楽しみに!

このページのトップヘ