ドラマ情報局

最近のドラマの情報を紹介します。

タグ:リーガルハイ


リーガルハイ古美門はネクサスと共同弁護なるのか?!
第8話のあらすじの紹介です。



reaa

視聴率絶好調!ドラマの後半に入り益々目が離せないリーガルハイです。

視聴率は、少しダウン気味ですが、さほど変動なく好視聴率をキープ。

7話では、17.7%を記録しています。


さて、8話のあらすじですが、

黛真知子(新垣結衣)と羽生晴樹(岡田将生)は古美門研介(堺雅人)を訪ね、

『NEXUS』で受けた案件の共同弁護を古美門に頼みに来た。

古美門は、即座に断った。

しかし、すでに服部(里見浩太朗)は黛たちについて行くことになっている

らしく、しぶしぶ同行することにした。




『NEXUS』が受けたのは、奥蟹頭にある“おざおざの森”を世界財産に推奨する

地元住民と反対派の訴訟である。

黛と羽生は、推奨派の赤松鈴子(角替和枝)たちの依頼だった。

鈴子の案内で、反対派に会いに行く黛たちだ。

反対派の代表は、赤松麻里奈(遠野なぎこ)。

同姓の鈴子と麻里奈には、何か因縁がありそうである。

その時、すでに波乱は起きようとしていた。




黛&羽生たちと古美門は共同弁護と、思いきや、なんと、古美門はすでに

麻里奈の代理人になっていたのだ! 

とにもかくにも、地方の小さな簡易裁判所で双方の調停が始まり、

早くも火花を散らそうとする古美門と、黛&羽生たちだが、

調停員たちと一緒に現れたのは、なんと別府敏子(広末涼子)だった。



別府本人によると、この地への移動が決まったばかりらしい。

別府の性格は相変わらずで、古美門どころか、黛たち『NEXUS』チームにも

厳しい“別府ルール”が適用されてしまう。

しかも、別府は古美門たちには難解な奥蟹頭弁(おくかにこべべん)も、

しっかり理解している様子である。

さらに、別府の希望で、古美門たちは“おざおざの森”に現場検証に

向かうことになる。


そして、古美門の驚異の演説がこだまする!!



 

リーガルハイ 視聴率 2話

 <フジテレビ>
水曜22:00~22:54 (放送回数未定)

reaa

2話の視聴率でました。

予想通り下がりました。

下がっても 16.8% 高視聴率だと思います。

 それにしても、堺雅人さんの演技は、すごいものがありますね!

アッパレですよホント。

3話の視聴率はどうなりますかね、また、予想してみますか!

3話は、そんなに大きな変動は無いと思いますが、

上がるか、下がるかが問題ですね。

う~ん、感ですが、上がりそうな気がしません。

おもしろいんですが、イマイチ引きつけられる感覚が無いんですよね。

よって、3話の予想は 16.0%で、いかがでしょう。


そう言えば、日曜の夜9時からキムタクの出ているドラマ「安堂ロイド」も

視聴率いいんですよ、1話目は、 19.2%

「リーガル・ハイ」 「安堂ロイド」 両者とも今後の進展が気になるところです。

ドラマっておもしろいですね~楽しみです。


■視聴率&キャスト
視聴率     キャスト
110/9(84分)21.2%堺雅人、新垣結衣、
岡田将生、小雪、田口淳之介、
黒木華、古舘寛治、小池栄子、
生瀬勝久、里見浩太朗 etc

主題歌 :
SLY
RIP SLYME
ワーナーミュージック・ジャパン
2013-11-13


OP曲 : 9nine『Re:』
210/1616.8%
3
4
5
6
7
8
9
10
平均視聴率:19.48%


 

 リーガルハイ 第1話が10月9日 スタートです! 
初回30分拡大で夜10時〜11時24分放送となります!!

リーガルハイ

お待ちかね、堺雅人さん新垣結衣さん共演のリーガルハイが、スタートします!

■キャスト
古美門研介: 堺雅人 
 黛真知子: 新垣結衣 
 羽生晴樹: 岡田将生  
     ☆  
安藤貴和: 小雪   
     ☆  
加賀蘭丸: 田口淳之介  本田ジェーン: 黒木華  磯貝邦光: 古舘寛治  
     ☆☆  
三木長一郎: 生瀬勝久  沢地君江: 小池栄子  井手孝雄: 矢野聖人  
     ☆☆☆ 
 服部: 里見浩太朗


古美門との法廷でのバトル、さらには黛との恋愛関係(?)など、
物語の鍵を握る弁護士の羽生を、堺さん、新垣さんとは、それぞれ初共演となる
岡田さんがどのように演じるのでしょうか? ぜひ注目して下さい。


■あらすじ 1話
 古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、恋愛問題が発覚したアイドル相手に“騙された”と訴えるファンたちを弁護。ハチャメチャな論理で被告を追い詰める古美門は、黛ではなく羽生晴樹(岡田将生)を指名して交代。羽生は人情に訴えて、アイドルに罪を認めさせた。  その夜、古美門法律事務所で祝勝会。検察官の羽生は、弁護士職務経験として古美門法律事務所にいたのだが、この日で終了。古美門は、羽生にほれ込んでいた様子で検察官を辞めて自分の事務所に入るよう誘う。しかし、羽生は自分の道を模索すると古美門に別れを告げた。  その頃、古美門のライバル三木長一郎(生瀬勝久)は、事務所のベテラン弁護士、磯貝邦光(古舘寛治)から担当案件から降りたいと頼まれていた。三木は許さないが、そのクライアントの無実を勝ち取るのは不可能と考えていた。  黛が古美門に骨のある案件が来たと報告。実は磯貝が放り投げた案件で、そのクライアントとは運輸会社社長と、その娘の殺害、殺害未遂容疑で死刑を宣告された安藤貴和(小雪)だった。2審が進行中の貴和には2度の離婚歴があり、元夫たちの不審死から保険金目当ての疑惑も持たれている。黛と拘置所を訪ねた古美門は、やる気は無かったものの貴和のある提案で引き受けることにした。  さらに2人は、羽生の計らいで裁判の担当検事に会うことにも成功。羽生が紹介したのは醍醐実(松平健)という一風変わった主任検事だった。

リーガルハイ公式サイトより  

このページのトップヘ