ドラマ情報局

最近のドラマの情報を紹介します。

タグ:あらすじ


明日ママがいない 最終回 あらすじ ネタバレ ポストにとっての真の幸せとは?

asitamamagainai


第1話からいろいろと波紋をよんだドラマ「明日、ママがいない」いよいよ最終話
となります。 
第1話の放送で施設長(三上博史)が「おまえらはペットショップの犬と同じだ」と
暴言を吐いたり、施設に預けられている子供は「親から捨てられた」という真実とは
かけ離れた偏見を助長しているところが波紋を呼びました。

第1話の内容があまりにも反社会的であったため、スポンサーがすべて降りてしまった
という異常事態になりましたが、台本では、ハッピーエンドで終わる設定になっており
日テレは最後まで見てくれれば分かると言って、番組を中止しなかったそうです。

 最終回に近づくにつれ暴言を吐いた施設長(三上博史)は、自分を犠牲にしてでも、
子供達の幸せを願い温かく見守っている姿がみれます。

 最終話では、ポストふさわしいにママが現れる等して、施設のみんなが手を取り合って
明るい未来を目指していく・・・

コガモの家の仲間たちのことを思い頑張ってきたポスト(芦田愛菜)は、どんな幸せを
掴むのか!?

第5話から第8話までの視聴率は、11%台(関東地区)ですごい視聴率とは言えませんが、
最終話では、視聴率も上がり感動の結末になるだろう。

 


最終回あらすじ 
_________________________________ 
asitamamagainai 9wa

 瞳(安達祐実)のために、彼女の亡くなった娘・愛として
朝倉(吉沢悠)の家に通い続けていたポスト(芦田愛菜)。

ある日、コガモの家にポストを送り届けた朝倉は、佐々木(三上博史)と対面し
ポストが朝倉家に通っている理由を話した。

ドンキと川島家の縁組が決まったのをはじめ、コガモの家の子供たちは
新しい人生の第一歩を踏み出そうとしていた。(8話では、ドンキ(鈴木梨央)は、
ロッカー(三浦翔平)と佐々木の手助けもあり本当の母親を蹴り、本当の親子
のように過ごせた川島家を選びました。)
ピア美(桜田ひより)は実父と暮らすことになり、転校が決まる。
(これも8話で、ポストがピアノコンクールの時にピア美に実父が来ていることを告げ、
父親の資格が無いと拒む実父を佐々木が後押しをしました。)

この先、もうピアノを弾く機会はないかもしれないと万感の思いを込めて音楽室の
ピアノを弾いていたピア美の前に、みどり(高橋ひとみ)が現れる。

コガモの家に、東條(城田優)夫妻が再びやって来てボンビ(渡邉このみ)を養子に
したいと迎えに来たのだ!
しかし、夢にまで見た“ジョリピ”との生活が現実になるにもかかわらず、ボンビはなぜか
「行かない」と部屋に閉じこもってしまう。

一方、ポストは、瞳を本当の母として愛するようになっていた。
それゆえに、これまで感じたことのなかった新たな想いを抱くことに…
ポストは、「人を好きになるのって、こんなに苦しいの」と涙する。

佐々木は、ポストが朝倉夫妻の子供になるのはお互いの幸せにつながるかもしれ
ないと考え、ポストと朝倉家の縁組の話が進む。

朝倉家に辿り着く佐々木。

そこで取る決断とは…!?

ポストにとって真の幸せとは何か?

ポストはどんな幸せをつかむのか!?


ドラマ「明日、ママがいない」

  <日本テレビ> 水曜22:00~22:54 (全9回)


 asitamamagainai


第6話ではロッカーが豹変し暴力をふるうシーンんがあり、
子供たちはロッカーに不信感を抱きます。
後にあらすじを紹介したいと思います。

視聴率ですが、第4話から下がり傾向にあります。
5話では11.6%(
ビデオリサーチ社調べの関東地区)に記録でした。

子供たちの演技に感動させられるドラマでちょっぴり切ない笑いあり涙
ありの目が離せないドラマだと思います。


■視聴率・キャスト
視聴率キャスト
11/15(80分)14.0%
芦田愛菜、 鈴木梨央、

渡邉このみ、 桜田ひより、 五十嵐陽向、

大後寿々花 、三浦翔平、 鈴木砂羽、

木村文乃、 城田優、 三上博史  etc

21/2213.5%
31/2915.0%
42/513.1%
52/1211.6%
6
7
8
9
平均視聴率:13.49%

 主題歌 : コトリンゴ『誰か私を』


■あらすじ第6話

 
里親候補の川島(松重豊)と妻の美鈴(大塚寧々)に どうしたら

気に入られるのか、悩むドンキ(鈴木梨央)。


ドンキからそんな悩みを打ち明けられた ロッカー(三浦翔平)は、

彼女を温かく励ます。


ある日、ロッカーはドンキに頼まれ、 川島家の水回りの修理をすることに。

ドンキとロッカーは川島家から帰る途中、 もめている若い夫婦を見かける。


妻は夫に殴られそうになり、おびえていた。


その様子を見たロッカーは豹変して、 警察沙汰になってしまう。

ドンキはショックを受け、ピア美(桜田ひより)と ボンビ(渡邉このみ)も動揺。


一方、ポスト(芦田愛菜)は、ロッカーが 暴力を振るったのには

何か理由があると考える。


まもなく、ロッカーがコガモの家に戻ってくる。

しかし、ポストとオツボネ(大後寿々花)以外の 子供たちはロッカーに

不信感を抱き始めてしまう。


そんな中、ボンビは、佐々木(三上博史)と 叶(木村文乃)がロッカーに

ついて 話しているのを聞いてしまう。


二人の話は、ロッカーが施設に 入った理由を語り、

その内容は衝撃的なものだった。


それでもロッカーを信じようとするポスト。

寄り添うポストに、ロッカーはその口を開き。


以上が、第6話のあらすじです、ポストがロッカーを信じ子供たちの
ロッカーへの不信感を取り除くことが鍵ですね。
ポストはロッカーの心の鍵を開き子供たちの不信感を取り除くことが
できるのか!


 

「医龍4」 第5話のあらすじキャスト視聴率をまとめました

<フジテレビ> 木曜22:00~22:54 


iryu 4
 
 第4話では、平均視聴率12.3%を記録した「医龍 4」です。

第3話の記録から 0.9%落としているが、高視聴率をキープしている。

毎シーズン、 医療関連のドラマはヒットしている、また進化しているようにも

思えるし、欠かせない存在であると思う。 


■視聴率・キャスト


視聴率キャスト
11/9(108分)11.6%坂口憲二、稲森いずみ、
小池徹平、阿部サダヲ、キムラ緑子、
柄本佑、池田鉄洋、高橋克典、
平幹二朗、佐々木蔵之介、夏木マリ、
岸部一徳 etc



21/1612.8%
31/2313.2%
41/3012.3%
5
6
7
8
9
10
平均視聴率:12.30%

原作 : 乃木坂太郎・永井明「医龍-Team Medical Dragon-」
主題歌 : EXILE ATSUSHI『青い龍』


■ あらすじ 第5話  2014.2.6 放送
 朝田龍太郎(坂口憲二)は、荒瀬門次(阿部サダヲ)から桜井修三(平幹二朗)の
体重が急速に落ちていることを指摘され、検査を勧めることにする。
一方、岡村征(高橋克典)の誘いでL&P病院へ移った加藤晶(稲森いずみ)の
ところへやってきた鬼頭笙子(夏木マリ)は岡村には秘密があると告げる。

同じころ、野口賢雄(岸部一徳)は岡村を呼び出していた。
桜井総合病院に患者が移りつつあることを危惧した羽垣院長が、最短時間を
目指して行うオペに最高のスタッフを用意するように指示を出す。
やがて岡村がオペのメンバーを報告に行くと、羽垣は麻酔科医に、
優秀だと評判の「桜井総合病院にいる麻酔科医」を連れてくるように命令する。

桜井総合病院では、朝田を中心に次のオペのカンファレンスが行われていた。
そんな中、荒瀬と朝田を呼び出した桜井は、岡村の要請を告げる。
断ろうとした荒瀬だが、執刀医が羽垣と聞き驚く。

15年前、羽垣は荒瀬の忠告に耳を貸さずに患者を死亡させたあげく責任を
麻酔科医に押し付けていたのだ。
話を聞いた朝田は今の荒瀬なら患者を救えるはずだと助言。
荒瀬はオペに参加することを決意する。

患者である7歳の山城蓮の経食道エコーを見ていた荒瀬は、重大な症状を発見。
予定しているオペでは蓮を救えないと木原毅彦(池田鉄洋)に訴えるが、
院長の診断に異論は唱えられないと一蹴されてしまう。
荒瀬は蓮の母親のもとへ行き…。

                                          「医龍 4」 公式サイトより  

月曜ゴールデン「刑事夫婦」 あらすじ キャストを紹介していきます。

2014年2月3日(月)  21時00分~22時54分放送

keijifuufu


骨太の刑事ドラマ、刑事ドラマなのに、笑って泣ける・・・。

ありそうでなかった、刑事ドラマ誕生!!
 
主役は2人・・・加賀美涼子(鈴木砂羽)は警視庁のエリート女刑事。

そしてもう1人、加賀美太郎(石黒賢)は現場一筋ショカツ刑事。

そう、この2人は「刑事(デカ)夫婦」なのだ!!

濃密な推理に、痛快なアクションありの刑事ドラマに加えて、

夫婦ならではの問題に焦点を当てた愛情物語。


■キャスト

加賀美涼子…鈴木砂羽
加賀美太郎…石黒賢
榎本美香…星野真里
小早川秀樹…井田國彦
水野英子…村井美樹
釜本繁…冨家規政
小田切加世…姿晴香
五木源一…大石吾朗
黒岩重光…沼田爆
住職…逢坂じゅん
田村和夫…下総源太朗
田村しのぶ…結城さなえ
湯川浩一…竜川剛
  ○
小田切満男…江藤潤
田村直哉…津嘉山正種
雉子牟田静江…市毛良枝
雉子牟田要三…田村亮 ほか



■あらすじ

  とあるデパート・・・大量の買い物の荷物を抱えた男と、それをほったらかして

ズンズン進む女性がいる。

加賀美涼子(鈴木砂羽)と加賀美太郎(石黒賢)の新婚夫婦である。

「これも素敵! どう?」と涼子。なかば呆れて太郎は言う。

「まだ買うの? もう持てないよ・・・」。

その時、女性の叫び声がフロアに響いた!

2人が振り返ると、ひったくり犯が客のカバンを奪い逃げようとしていた!

すかさず走り出す加賀美夫婦。犯人に突き飛ばされ倒れた雉子牟田静江

(市毛良枝)を太郎がかばい、逃げる犯人を涼子が追って捕まえた!

そう、この夫婦は刑事なのだ!!

静江からお礼にと自宅に招かれた2人。そこで静江の夫・要三(田村亮)を

紹介される。

35年連れ添ったという要三と静江。

年月を経ても仲睦まじい要三と静江に、涼子と太郎は理想の夫婦像を見た。

と、その時、2人の携帯電話が鳴った・・・「変死体!?」と涼子。

「ひき逃げ事件!?」と太郎。我先にと玄関に走る2人は、理想の夫婦像から

は程遠いようだ・・・。

現場に到着した涼子を待ち受けていたのは、転落死した男性・小田切満男

(江藤潤)の遺体であった。

誰もが自殺だと断定する中、涼子だけは違和感を拭えない。

小田切の妻・加世(姿晴香)の言葉が頭から離れないのだ――。

「15年も寄り添ってきたんです。あの人が自分から死ぬなんてありえません!」

夫婦だからこそ確信できること・・・加世の言葉だけを頼りに、涼子は再捜査に

乗り出す。

一方、太郎が担当するひき逃げ事件も難航していた。被害者の女性は意識

不明の重体、そして目撃証言も上がらないのである。

しかし、何のつながりもないようにみえた2つの事件が、過去の悲しい出来事

へと繋がってゆく・・・。

 月曜ゴールデン「刑事夫婦」公式サイトより

明日ママがいない 第4話のあらすじや視聴率の紹介です。

 
<日本テレビ> 水曜22:00~22:54 (全9回)


asitamamagainai

ドラマ「明日、ママがいない」の視聴率は、第2話で落としたものの

第3話では、15%とグンと記録を伸ばしてきた。

子供たちがどのように変わっていくのかどんな結末が待っているのか

考えさせられるドラマですが涙あり笑いもある楽しみなドラマです。



 今まで一度も「お試し」に言ったことのないボンビ(渡邉このみ)

その ボンビに初めての「お試し」の機会がやってくる。

「お金が貯まったら本当のパパとママが迎えに来てくれるはずだ」と

「お試し」を嫌がるボンビだが…。

第4話のあらすじをどうぞ ↓ ↓ ↓



■あらすじ 第4話

 
アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットのような理想の夫婦に引き取って

もらうのを夢見て、いつも妄想ばかりしているボンビ(渡邉このみ)。

佐々木(三上博史)は、ボンビに“お試し”に行くよう命じる。


ボンビはコガモの家に来て長かったが、今まで一度も“お試し”に

行ったことがなかった。

経済的な理由からボンビを手放した実の両親がお金を貯めて、いつ自分を

迎えに来てくれると信じていたのだ。

現実を見なくてはならないと目覚めたボンビは、初めて“お試し”に行こうと

決心する。


ボンビが向かったのは、自転車屋を営む酒井家。朗らかな夫婦に迎えられ、

ボンビも楽しく過ごしていたものの、食事中に気を失って倒れてしまう。

そして、再びボンビは自分の世界に閉じこもる。 そんなボンビにポスト

(芦田愛菜)は「生みの親なんか忘れろ」と言い放つ。


ボンビを心配するドンキ(鈴木梨央)は、ボンビの生みの親と連絡を

取れないかと佐々木と叶(木村文乃)に頼む。

すると、佐々木は意外な事実を口にするのだった。


自分の無神経な言葉がボンビを傷付けたと感じたポストは、なぜボンビが

酒井家で倒れてしまったのかを確かめようと、ボンビの代わりに酒井家へ

“お試し”に行くことに。

しかし、穏やかで温かい酒井家での暮らしの中に、ボンビを刺激するよう

なものは見当たらない。


さらにポストは、叶、ロッカー(三浦翔平)、パチ(五十嵐陽向)とともに、

ボンビがコガモの家に来る前に住んでいた場所へ向かい…。
 
                     
明日、ママがいない 公式サイトより 

失恋ショコラティエ第4話のあらすじや視聴率を紹介

<フジテレビ> 月曜21:00~21:54 (放送回数未定)


siturensyokoratdhie

月9ドラマ「失恋ショコラティエ」視聴率がアップしました(*^_^*)

第2話では、1.7%のダウンとなりましたが、第3話で0.6%巻き返し

13.3%の記録となりました。


視聴率キャスト
11/13(69分)14.4%松本潤、石原さとみ、
水川あさみ、水原希子、溝端淳平、
有村架純、加藤シゲアキ、佐藤隆太、
竹中直人 etc


21/2012.7%
31/2713.3%
4
5
6
7
8
9
10
平均視聴率:13.54%

   主題歌 : 嵐『Bittersweet』

第4話では、爽太は、紗絵子とデートを約束。

デート当日もテンション上がりっぱなしの爽太だったのに、またもやえれな(水原希子)の

ところへ・・・?!



■あらすじ 第4話

爽太(松本潤)は、紗絵子(石原さとみ)と
買い物デートを約束し、そのことを考えすぎて

疲れ切っていた。


 そんな頃、
薫子(水川あさみ)を食事に誘いに「ショコラ・ヴィ」に「リクドー」の関谷

(加藤シゲアキ)がやって来る。

爽太は
薫子に誘いを受けるよう促すが、断ってしまうのだ。

薫子は「よく知らない人と食事には行けない」と言う。

そこで、爽太は、関谷の上司である六道(佐藤隆太)にメールで関谷の人柄を

尋ねてみる。爽太に気がある六道は、爽太が関谷に興味を持ったのかと疑う。

 
場面は変わり、オリヴィエ(溝端淳平)は対面したまつり(有村架純)に

キスしたことを謝罪。

さらに、まつりが誰と付き合おうとも自分はまつりが好きだと告白する。


 別の日、爽太と薫子は、「リクドー」が出店するチョコレートフェアにやってくる。

爽太は薫子と関谷を引き合わせたかったが、関谷はそこに来ていなかった。

そんな爽太を見つけた六道は、爽太を連れ出すと、自分のことをどう思うか、

と迫る。


 デート当日!

いつも以上におしゃれでかわいい紗絵子にテンションが上がりっぱなしの

爽太は、買い物中も幸せな気分だった。

ところが、紗絵子が異常に至近距離で接してくることに激しく動揺。

そして、そこまで動揺する自分が悲しくなってしまう。

その後、紗絵子に褒められたり自宅に誘われたりもするが気は滅入る一方で、

ついにはえれな(水原希子)の部屋のドアを叩いてしまう・・・。



好きになりすぎると、不安な気持ちが膨らみますね~

爽太の気持ちも解らないではないですが・・・。

この後、えれなとどうなるのでしょうか? 

気になりますね。


完全無欠の片想イストが贈る、この冬イチオシの究極のラブストーリー!
ライトでコミカル、そしてちょっとHな”妄想シーン”にも注目ですよ!

 

緊急取調室 4話 あらすじ

<テレビ朝日> 木曜21:00~21:54 


kinnkyuutorisirabesitu
 
「緊急取調室」の第4話あらすじ視聴率、キャストなどを紹介します。


■視聴率では、どんど伸びをみせているドラマ「緊急取調室」 です。

1話では12.5%、2話では13.4% 、3話では、16.1%の高視聴率をマーク!

■キャスト
 天海祐希、田中哲司、
速水もこみち、鈴木浩介、篠井英介、
草刈正雄、でんでん、大杉漣、
小日向文世、中村静香、生島勇輝、
杉咲花、秋間将汰、眞島秀和 etc


■あらすじ 第4話  

 
 衆議院議員の三木本史郎(神保悟志)が贈収賄疑惑で、警視庁に
任意同行された。

本来は捜査二課が扱うべき事件だが、刑事部長・郷原(草刈正雄)直々の
要望で「緊急事案対応取調班(=キントリ)」が取り調べを担当することに。

さっそく中田(大杉漣)、かつて捜査二課にいた小石川(小日向文世)は
三木本の取り調べを開始する。  

ところが、三木本は余計な暴言は吐
きまくるものの、肝心の贈収賄疑惑については白を切り通す。
だが、そんな三木本を小石川は激しく追及。遂に、献金を受け取ったのは
第一秘書・菅沼俊樹(泉谷しげる)だと供述する。
だが、これが逃げ口上であることは明白…。
有希子(天海祐希)らは翌日に菅沼の供述を取った上で、三木本を潰そうと
考えるも、証拠隠滅を図られることを危惧する。
ところが釘を刺された三木本は、それほど疑うならば…と自ら進んで留置場に宿泊。
一方、菅沼は三木本の事務所から怪しげな紙袋を持ち、自宅へと戻っていく…。  


その夜、事件は起こった!
 菅沼がパソコンに遺書を残し、青酸カリの入った洋酒の水割りを飲んで
自殺を図ったのだ。
遺書には、三木本に迷惑をかけたことを死んで詫びる旨が綴られていた。
だが有希子は、まごころを大事にする昔堅気の菅沼が自筆ではなく、
パソコンで遺書をしたためたことに疑問を抱く。
一方、梶山管理官(田中哲司)も三木本が口封じのため、何らかの方法で
青酸カリを仕込んだ可能性が高いと考える。  

この事件、果たして正真正銘の自殺なのか、それとも三木本による
遠隔殺人なのか…!? 
すべてを解明すべく、有希子と菱本(でんでん)は三木本の妻・唯(田丸麻紀)
のもとへ聞き込みに訪れる。
一方、小石川と中田は菅沼の事件については伏せた上で、
再び三木本の取り調べに挑む――。

 

緊急取調室 3話 あらすじ

  <テレビ朝日> 木曜21:00~21:54


 kinnkyuutorisirabesitu

「緊急取調室」第3話のあらすじを紹介します。

1話、2話 、3話と着実に視聴率を伸ばしているドラマ「緊急取調室」です。

第3話では16.1%を記録しています。

■キャスト
 天海祐希、田中哲司、
速水もこみち、鈴木浩介、篠井英介、
草刈正雄、でんでん、大杉漣、
小日向文世、中村静香、生島勇輝、
杉咲花、秋間将汰、眞島秀和 etc

■第3話 あらすじ

  経済産業省のエリート官僚・佐原俊夫(神尾佑)が自宅の階段から転落死。
血まみれになって倒れている俊夫を母・和子(田島令子)が発見した時、
階段の上には若く美しい妻・利香(安達祐実)が呆然と座っていた…。

俊夫は転落直前、6歳の息子・大地(田中奏生)が使っていた玩具の電車で
頭部を殴られていたが、その玩具には利香の指紋が多数付着。
利香も自分が夫を殺したと自供する。  


まもなく、被害者が国家の機密に関わる業務を担当していたため、
「緊急事案対応取調班(=キントリ)」に利香の取り調べ要請が下った! 
被疑者が女性ということもあり、主取調官に任命された有希子(天海祐希)は、
さっそく取り調べを開始。
罪を認めながらも犯行動機などを明らかにしなかった利香だが、遂には
有希子の厳しい追及に重い口を開き、夫から離婚を切り出されたことが
発端だと告白する。
愛人と再婚し、大地も自分が引き取ると言い張る俊夫の言動に動揺し、
思わず夫の頭部を殴りつけた、と涙ながらに語る利香。話を聞いた有希子は
同じ“子を持つ母”として、彼女に同情する。
ところがその直後、利香が一瞬だけふてぶてしい表情を見せた。
しかも、利香が実演してみせた犯行当時の動作は、遺体の解剖結果とは
矛盾するものだった…!  

 その矢先、利香が夫の愛人として名を挙げた人物が、不倫関係を完全否定。
有希子がその事実を突きつけると、利香はまたしても涙ながらに我が子を
思う気持ちを訴えながら、供述内容を一転させる。しかも、その供述までもが
嘘だということが判明したのだ! 
犯行自体は認めながらも、供述の矛盾点を突かれるたびに二転三転す
る犯行動機…。
利香はなぜ、そこまで嘘だらけの供述を繰り返すのか…!? 
とんだ食わせ者の被疑者をマル裸にすべく、有希子は取り調べを続行する
かたわら、中田(大杉漣)とともに大地を訪問。
その小さな身体の一部に、目を留める。そんな中、中田の口から“最も考え
たくない可能性”が語られるのだが…!?

 

明日ママがいない あらすじ 2話

<日本テレビ> 水曜22:00~22:54


 asitamamagainai

 ドラマ「明日、ママがいない」第2話のあらすじを紹介します。
 
 芦田愛菜ら、子供たちの演技が見どころでもあるドラマ「明日、ママがいない」

第1話では、衝撃的な子供たちの姿をかいまみたような気がする。

悲しく寂しくもあり考えさせれられる内容であった。

芦田愛菜、鈴木梨央、二人の演技が話題となっているが、他の子役達の演技も

驚くほどの演技を見せてくれている。

視聴率も第1話では14% 、2話では13・5%で0.5%ダウンではあるが、

民放の中では高視聴率をマークしている。




■あらすじ 第2話
_____________________________ 

asitamamagainai2
                          photo: 公式サイトより
 
   佐々木(三上博史)から、コガモの家の子供たちは
 新しい里親候補の資料を見せられる。
 
ピア美(桜田ひより)は、ピアノを弾かせてもらえるような家に
引き取ってもらいたいと願い里親候補の中から一組の夫婦を選んだ。 
 
そしてパチ(五十嵐陽向)も、里親候補のもとへ行くよう 佐々木に命じられる。

 ピア美とパチは、里親候補の家へ“お試し”に行く。 
ポストはパチと母子の様に接してきた仲で戸惑いを感じていたが、
パチの幸せを願い、送り出そうとする。

そんな中、ピア美は、同級生の蓮(藤本哉汰)から誕生会に誘われる。
蓮は育ちが良く気品あふれるイケメンの御曹司。
蓮のことを好きなピア美は、舞い上がる。
しかし、誕生会は里親候補宅でのお試しと同じ日。 
 
ドンキ(鈴木梨央)はピア美に押し付けられ、 代わりにお試しに行くことになる。
初めてのお試しで、緊張するドンキとパチ。
パチを迎えた安田家は子供がなく、優しい夫婦だった。 妻の美智子は
パチを気に入り、パチも美智子になつく。
 
 ドンキは、川島という夫婦のもとへ向かった。
川島夫妻と楽しい時間を過ごしたドンキは、 彼らの子供としてうまく
やっていけそうな手ごたえを覚えるのだったが…

一方、安田家での生活に慣れていくパチだったが、 いつも抱いている
空のシャンプーボトルを手放さない。
美智子は、そのことが気にかかる。 
シャンプーボトルの匂いは、パチの母親の匂いでもあった。 

美智子は叶(木村文乃)から、パチの背負う悲しい過去を聞かされる。
パチがシャンプーボトルを手放さない理由を知った美智子は…
 

 実際にこのドラマのような お互いが良い親、良い子を求め合う状況が、あるのだろうか?

あるのであれば、駆け引きなしでお互いが、幸せになれる様にお互いを理解し合い

歩み寄って素敵な人生を送って頂きたいと切に思います。



                      

明日ママがいない あらすじ 3話

  <日本テレビ> 水曜22:00~22:54asitamamagainai

明日、ママがいない第3話のあらすじの紹介です。

第2話では、視聴率13.5%を記録しました。

そして、ドンキとパチが、”お試し”でしたね。

パチと母子の様に接してきたポストは、パチが自分から離れる可能性に

戸惑いを感じるが、パチの幸せを願い送り出しました。

第3話は、ポストとオツボネで、二人が里親候補の家へ“お試し”で行くことに・・・。



■あらすじ 第3話
_________________________________

17歳のオツボネ(大後寿々花)は、悩んでいた。

来年にはコガモの家を出ていかなければならない条件の合う里親候補がなかなか

見つからないからだ。

そんな時、年齢性別不問で子供を引き取りたいという里親候補が現れ、

条件はただ一つ、星座が射手座であることだけだった。

コガモの家ではポスト(芦田愛菜)とオツボネが該当するので、二人が

里親候補の家へ “お試し”で行くことになった。 オツボネは、これが最後の

チャンスかもしれないと、必死だった。

ポストとオツボネは里親候補の吉田家を訪れたが、 吉田夫妻の姿はなく二人を

出迎えたのは家政婦だけだった。

ポストとオツボネは吉田夫妻に挨拶するためにある部屋へ。

そこには2台のパソコンがあり、モニターに夫の正一郎と妻の弓枝がそれぞ

れ映っていた。

弓枝は有名な占星術師で、正一郎は国際弁護士。

二人とも仕事で忙しく各地を飛び回り、家に戻れないのだという。

二人の間にはアズサ(優希美青)という足が不自由な実の娘がいた。

吉田夫妻は、車いす生活のアズサの姉妹として話し相手になってくれる 子供を

探していたのである。

アズサはポストとオツボネに、姉妹などいらないと言い放って拒絶した。

その上、吉田家に引き取られても財産の相続権は与えられず 最低限の

生活費と学費しか提供されないという契約を結ばされることが分かり、

ある理由で大金が欲しくてたまらないオツボネは落胆するのである。

一方、ポストはアズサのもとに通い始める。

両親と顔を合わせることもなく孤独な暮らしを送っているアズサに、

ポストが通ってくることで、心を開くのでしょうか?


親に捨てられた、子供たちの姿、何か切ないものがあり

考えさせれられるものもあります。

また、強くたくましく生きる子供たちの姿には感動させられます。

どのような展開になっていくのか、楽しみなドラマです。
 

このページのトップヘ