おトメさん ドラマ 第8話 あらすじ
 <テレビ朝日>
木曜21:00~21:54 放送oto33












いつも、ハラハラさせられるドラマおトメさん
第8話のあらすじを紹介します。

視聴率も、徐々に上昇中 第7回では、10.9%
平均視聴率は11.18%

■第8話 あらすじ
 失踪中の都庁職員・福本(市川勇)が億単位の金を横領していた事実があり。
それを刑事・呉竹(大地康雄)は、を知ることに。
捜査本部では、福本が入れ揚げていたこともあり、李里香に横領金の一部を
流しているのではないかとの見方が浮上する。
しかし、呉竹は納得が行かなかった、そもそも呉竹が李里香を執拗にマークし
続けた理由は、福本の失踪事件とは別のところにあったのだ!

oto331
















一方では、麻子(黒木瞳)は夫・博行(石田純一)との長きにわたる結婚生活で
抱いていた本音を告白する。
李里香との間のわだかまりが解ける兆しが見え始めたのだが、またしても
恐ろしい事件が起こる。
なんと、水沢家の台所にあった包丁がすべて消えた! 
しかも、水沢家でその包丁を使った立てこもり事件が発生する!!
博行と長男・優太(郭智博)は仕事で出払っており、家に残っていたのは
麻子と李里香の二人だけ・・・。

 そして、この立てこもり事件を機に、麻子が“衝撃の告白”をする。
それは、李里香のことを必要以上に疑い、素性を調べ上げようとした麻子の
行動の裏に隠されていた“知られざる驚愕の事実”だった――!

<テレビ朝日>より

麻子(黒木瞳)、李里香(相武紗季)にどんな波乱がまっているのでしょう。
ドラマおトメさん 第8話をお楽しみに!