おトメさん ドラマ あらすじ 第6話のあらすじを紹介します。

2013年2月21日放送 木曜21:00~21:54  <テレビ朝日>

05



















 嫁、李里香の失踪人の名刺などの怪しい持ち物がきえてしまいましたね。
益々、怪しいとおトメさんは、李里香に疑いをむけていきます。
さてさて、おトメさんにどんな波乱が待ち受けているのでしょうか。
第6話が気になります。


第6話 あらすじ

 嫁・李里香(相武紗季)の怪しい持ち物が忽然と消え、 李里香が荷物を
すべて倉島(渋川清彦)に預けたのではないか、と疑う。
というのも、倉島はこっそりと李里香に現金を渡していた男。
しかも、李里香は夫・優太(郭智博)のアルバイト先として、倉本の店を紹介していた…。
「何かよからぬ目的があるに違いない」と麻子の李里香に対する疑念は、
膨らむ一方であった。

 
 対する李里香は、福本の失踪事件を捜査する刑事・呉竹(大地康雄)
のもとを訪れ、自分が福本の愛人だったことを否定。
ある文書を呉竹に提出する。
やがて帰宅した李里香は、麻子を海へと誘った。
誘いに乗れば、きっとただでは済まない…。もしかしたら命すらも…。
そんな不穏な予感を抱きながらも、覚悟を決めた麻子は翌日、2人きりで海へと向かう。


04













 

 一方、博行は社長・満智子(奈美悦子)に呼び出しをくらう。
部下・まるみ(臼田あさ美)がフラれた腹いせに、博行から不適切な関係を
強要された、と密告していたのである。 
しかも、博行が取引先から多額のキックバックを受け取っていた事実も、
同じく部下である一条(神保悟志)によって満智子の知るところとなっていた…。
博行は次の日じゅうに全額を返還すると約束してしまう。
しかし、その金のほとんどは、倉島と経営パートナーになって自立しようと
奮闘する優太に貸してしまっていた…。
のらりくらりと、うまく渡り歩いてきた人生に、突如立ちはだかるピンチの壁。
追い詰められた博行はいったいどうなるのかーー!

 そのころ、麻子は李里香にいざなわれ、人気のない断崖絶壁の岬にいた。
押し寄せる恐怖の波・・・。
そして、李里香が"知られざる真実"を語り始める!


次回のおトメさん待ち遠しいですね。
乞うご期待ください!