ドラマ情報局

最近のドラマの情報を紹介します。

2013年12月

ミス・パイロット 最終回 のあらすじを紹介します。

<フジテレビ> 火曜21:00~ 

 misupairotto

ミス・パイロットもいよいよ最終回となります。

最近の視聴率は 10%を超えていますが、クライマックスを迎えていますし

ドラマの内容からしても、もっと視聴率が上がってもおかしくないなという印象です。

あらすじでは、実際の職場でトレーニングを積み、独り立ちをします。

そして、ついに晴は、ファーストフライトを迎えるようです。



■最終回あらすじ

シミュレータ課程、実機訓練を修了した手塚晴(堀北真希)、岸井泰治(間宮祥太朗)、
小鳥翔(小柳友)、山田一男(藤井流星)、諸星麻也(庄野崎謙)に、腕に3本ラインの
入った新しい制服が支給された。

ここまでの訓練を思い出し感慨にひたりながらも、翌日からOJT(On The Job Training/
新人が実際の職場で、実務経験を積んだり経験者の指導を受けて職務内容などを
学ぶこと)が始まると聞き、気を引き締める5人。
その晩、小田千里(相武紗季)を含めた6人は訓練生寮で最後の食事を取る。
4年間寝食を共にしたチームの解散と国木田孝之助(斎藤工)からの卒業を目の当たり
にし、ますます独り立ちの実感強める晴たち。

そして12月24日、クリスマスイブ、晴は遂に
ファーストフライトを迎えた。行先は新千歳空港、そして機長は国木田。
その頃、千歳では大雪が降り積もり…

                       (ミス・パイロット 公式サイトより)

ミス・パイロット最終回をお楽しみに!!

八重の桜 視聴率 速報 48話

yae807

八重の桜48話の視聴率はなんと、またまた13.7%の記録です!

46話 47話 48話と3話とも13.7%で数字的には高い数字ではないが、珍しい事ですね。

48話は、襄との別れで感動を呼んだのではないでしょいうか。

もう少し、伸びるのではないかと予想したのですが、イマイチでした。

第49話は、「再び戦いを学ばず」というタイトルで、いよいよクライマックスを迎えます。

視聴率もどれだけ伸びるかが気になるところです。


泣いても笑っても放送回数あとわずかです、最後は大きな数字を残してほしいものです。



49話はクライマックスを迎えますそこであらすじ見どころを紹介したいと思います。

■あらすじ 
 1890(明治23)年に教育勅語が発表されると、覚馬(西島秀俊)は
天皇への忠義を課す一節に懸念を抱きます。  
そんな覚馬のもとに東京から健次郎(勝地涼)が訪ねてきます。健次郎は兄・浩(玉山鉄二)に
代わって川崎尚之助(長谷川博己)の会津戦記を仕上げるために、京都でどのように
薩長と戦っていたかを覚馬に詳しい話を聞く。しかし、覚馬が薩長にも勤王の志は
あったと語ったことに、健次郎も八重(綾瀬はるか)も激しく反論します。  
その後、同志社の卒業生たちに不戦の精神を説いた覚馬は、荷を下ろし、安堵(あんど)
したかのように病床に就くのである。

■見どころ
 ・容保、最期の願い
かつて容保が孝明天皇から下賜された「御宸翰(ごしんかん)」。
これこそが、会津が逆賊でないことの証。それをなぜ容保は公開しなかったのか…。
会津藩主として、容保が家臣に託した最期の思いとは?
・あんつぁまの遺志
京都の教育・産業・医療とあらゆる分野に大きな影響を与えてきた覚馬。
再び戦を起こさぬために、今できることは何なのか――。
最期のときまで国やふるさとを思い、皆に進むべき道を示していきます。

八重の桜 第49話 クライマックスをお楽しみに! 

 

リーガルハイ2 第9話 あらすじ 予告

 reaa

古美門研介と黛真知子は、上告を決めた安藤貴和(小雪)に面会。

しかし、貴和は殺人容疑については否定しない。

また、地裁での判決前に面会に来た吉永慶子は、昔世話になった近所の

おばさんと話す。 

それでも古美門は、最高裁では貴和の無罪を勝ち取ると言い放った。

貴和が真実を何も話してくれないことを気にする黛に、古美門は打つ手を

すべて打って無罪にすると、あくまで強気。

だが、古美門のこだわりは、裁判の勝率を100%に戻すことの様子。
 

“打つ手”を選ばない古美門は、マスコミを招いて貴和のイメージを良くする

ような報道を依頼。

しかし、大手マスコミには無視され、招いた記者たちにも金をばらまく始末。

挙句、古美門は黛に、移籍先の『NEXUS』の羽生晴樹(岡田将生)と

本田ジェーン(黒木華)から検事時代に担当していた貴和事件について、

検察のねつ造情報を盗み取れと言い出す。

しぶしぶ従おうとする黛だが、羽生たちから情報を得ることは出来なかった。


 そんな状態で、古美門たちは公判初日を迎えてしまう。

貴和への死刑判決を求めて裁判所前に群がる民衆を横目に入廷する

古美門も、さすがに緊張の色は隠せない。

傍聴には羽生も駆けつけていた。

黛は、検察側に醍醐実検事(松平健)がいることが不安。

醍醐が都合良く最高検へ異動になったのも、古美門にとどめを刺すためで

はないかと思えてしまう。

古美門自身は、好都合だと強がるのだが…。

リーガルハイ 第9話 予告


 

海の上の診療所 8話予告と視聴率です。

uminouenosinnryousyo

■視聴率
海の上の診療所の視聴率は、6話で8.9%5話の12.1%から大幅にダウン。
7話で9.9%に巻き返すが、最終話に近づいていますもう少し視聴率の伸びが
ほしいところです。

第9話 12月9日月曜 夜9時
 海診丸は細女島を訪れ、その朝、航太(松田翔太)ら海診丸のメンバーは、
事務長の日内(荒川良々)のようすがおかしいことに不審を抱く。
こそこそショートメールをしていたかと思えば、急用ができたと言って出かけて
しまったのだ。

 眞子(武井咲)に命じられて、昇(福士蒼汰)とともに日内の後を追った航太は、
彼が旅館で若い妊婦と密会しているところを目撃する。
驚いた航太たちは、何も見なかったことにしようと決め、葵(藤原紀香)にウソの
報告をした。
しかし葵には通用せず、事情を知った葵は、怒りに震えながらその旅館に乗り込む。  
するとそこにいたのは、葵の妹・巴(榮倉奈々)だった。
巴は、親元を飛び出し、恋人と同棲していて妊娠したらしい。
だが、その恋人とケンカして家を飛び出してしまい、お金に困って日内に連絡して
きたのだ。

 葵は、そんな巴を厳しく非難した。
それに反発した巴は、航太を頼り、彼を味方につける。航太は、葵と巴の間に
入ってその仲を取り持とうとしたが、上手くいかない。

 そんななか、巴は、母親になる自信がない、と航太に打ち明ける。
それを聞いた日内は、困った挙句、巴と結婚してほしい、と航太に頼むが…。

 海の上の診療所公式サイトより

ハニートラップ 第8話 の ネタバレです。

ハニートラップ
 
 視聴率は6話で7%とグンと伸びました、7話の視聴率はまだわかりませんが、
どうなっていくのか、楽しみです。

視聴率キャスト
110/197.5%AKIRA、小澤征悦、
内山理名、丸山智己、音月桂、篠原真衣、
神尾佑、森岡豊、野波麻帆、池内博之、
高嶋政伸、仲間由紀恵 etc


210/266.6%
311/27.8%
411/96.0%
511/164.2%
611/237.0%
7
8
9
10
平均視聴率:6.52%

8話ネタバレあらすじ
写真 写真

  美山悠一(AKIRA)は、穂積宗広(小澤征悦)の指示で日下部秀平(丸山智己)に監禁されていたなつみ(仲間由紀恵)が無事に救助されたところに駆けつけ、なつみをしっかりと抱きしめた。なつみを殺せ、と指示したのにうまくいかなかった穂積は、苛立ちを隠せないままグラフェンのデータが入ったUSBを天音(武田真治)に手渡した。なつみは、これまでのすべては天音がやったことで、ジミーウォンという中国の会社がグラフェンを軍事利用しようとしていると悠一に話す。自分の想像をはるかに超える次元の問題だということを知らされ、途方に暮れる悠一。 なつみが次原明日香という名前で悠一の父・小野寺教授(長谷川初範)の研究室がある大学にいたこと、そして悠一が勤める総和物産のライバル社、ミレ・パシフィックの子会社のナルミテックにも在籍し、その後、総和物産の経理部で遠藤なつみとして働き、なぜ悠一に近づいたのか?さらに、拉致されたというなつみの母のこと、なつみが天音の言いなりにならざるを得ない理由とは…、など、これまでのすべてをなつみは悠一に打ち明ける。なつみの本当の思いを知った悠一は、お母さんを救いに行こう、と決意するが…。

写真写真

その頃、大洋国際特許事務所の小林恭助(高嶋政伸)は、今回の情報漏洩沙汰で経済産業省から謹慎を言い渡されるが、自らのなかにある正義を捨てられず、ジミーウォンに対抗する手を考えていた。まだ自分の大切な家族に危険が近づいているとは知らずに…。 

ハニートラップ公式サイトより 

ハニートラップ ネタバレ 7話

最終回に近づいているハニートラップの7話のネタバレ完全版です。 

ハニートラップ

7話ネタバレ完全版

写真写真
 
  美山悠一(AKIRA)は拷問場所から逃げ出した森の中でなつみ(仲間由紀恵)と
向き合うが、途中で意識を失ってしまう。
病院で目を覚ました悠一は刑事の永田(高杉亘)から、なつみと思われる女性が
崖から転落し、遺体を捜索中だと知らされる。
さらに、なつみこそが、グラフェンを奪うために小野寺正隆(長谷川初範)を殺害し、
悠一や杏奈(野波麻帆)を監禁し、専務の折田忠(神尾佑)を自殺に追い込んだ
張本人だろうという話を聞かされる。
呆然とする悠一だが、今までのなつみの言動を思い出し、「なつみじゃない!」と
いう思いを強く持つ。
警察に届いたなつみの犯行を示す告発文を見せられた悠一は、今までの経緯に
関係しているミレ・パシフィックの穂積宗広(小澤征悦)を調べてもらうよう頼みこむ。

一方、大洋国際特許事務所では中川薫(内山理名)が韓国の企業に機密情報を
漏らした疑いで逮捕され、小林恭助(高嶋政伸)、荒井和人(池内博之)も警察に
よって調べられていた。
告発文から荒井の指紋が検出されたことを永田から聞かされ、荒井は最近まで
親しい関係性にあった穂積に仕組まれたものだと主張する。
悠一は穂積を探して秘書の山中塔子(音月桂)に会うが、居場所は知らないと突
き放される。
大切な人を奪われ、何としてでも真実を知りたいという悠一の必死の訴えに足を
止めた塔子は、「穂積が彼女に罪を着せて片を付けるなら、確実に仕留めた上で、
遺体も発見させるはず」と言い、ある場所の住所を伝えて立ち去る。

マンションの一室で、なつみを監禁していたのは日下部秀平(丸山智己)であった。
穂積からの指示を受けなつみを殺そうとしていたそのとき、警察が踏み込み間一髪
でなつみは救出される。
穂積が自分に罪を着せることを予想し、投降すると見せかけて警察が自分を探す
ようあらゆるヒントを残していたなつみ。
そこに悠一が駆け付け、2人は互いにきつく抱きしめ合う。なつみは、すべては
天音(武田真治)がグラフェンを中国で軍事利用するために行ったことだと告白する。

 写真

ハニートラップ公式サイトより

ドクターX 8話 最終回 ネタバレ あらすじ

Doctor-X ~外科医・大門未知子~ <テレビ朝日> 木曜21:00~21:54 

dokuta

Doctor-X ~外科医・大門未知子~第8話のネタバレあらすじです。

ドラマの内容もいいですが、大門未知子のファッションも見逃せませんね。

もう少しで、終わってしまうのは、残念です。

大好評で続編を期待する方も少なくないようです。

12月5日(木)の放送はお休みで、

次回、8話の放送は12月12日(木)になるようです。


待ち遠しいですね!


先ずは視聴率ですが、トップを走り続けています。

7話では、これまでの最高で、23.9%を記録しました。

■視聴率・キャスト・主題歌
視聴率キャスト
110/17(69分)22.8%米倉涼子、藤木直人、
内田有紀、遠藤憲一、満島真之介、笛木優子、
水沢エレナ、猪野学、野間口徹、六角慎司、
浅野和之、笹野高史、岸部一徳、三田佳子、
西田敏行 etc


主題歌 : Superfly『Bi-Li-Li Emotion』

210/2423.1%
310/3118.4%
411/721.3%
511/1423.7%
611/2122.1%
711/2823.9%
8
9
10
平均視聴率:22.21%

■あらすじ ネタバレ
いよいよ、最終話です。
未知子(米倉涼子)は、帝都医大をクビになり、謎の依頼主からの要請で、
帝都医大・高松第24分院に派遣されます。
そこは、未知子のせいで地方勤務を余儀なくされている加地(勝村政信)が
働く病院だった。
未知子は病院近くの漁港で、漁師に憧れる入院患者の少女・村田九留美と
出会う。
九留美の病気は悪性の筋繊維芽細胞腫。
一度は帝都医大の本院で引き受けたものの、オペは不可能との判断で、再び
生まれ故郷の高松に戻されていたのだ。
 その頃、本院では主任教授戦が本格的にスタートしていた。
鷹野教授(浅野和之)の陣営にリードを許し、焦る蛭間外科統括部長(西田敏行)
は、海老名教授(遠藤憲一)らに浮動票の取り込みを指示する。
そして、蛭間をさらに追い詰める事態が起きる。
なんと、娘・裕華子にメラノーマの転移ガンが発見されたのだ。
裕華子の病状は極めて深刻で、オペの成功例はアメリカで数例あるのみ。
馬淵内科統括部長(三田佳子)は、裕華子のアメリカ搬送を提案するが、
蛭間は断固としてこれを拒否する。
「できるやつはおらんのか!!」
外科統括部長のメンツにかけ、帝都医大でオペをすると言い張る。

 その夜、近藤教授(藤木直人)は裕華子を救える唯一の術式を検索する。
すると、過去にアメリカで成功を遂げた医療チームの中に、ドクターXの名前が、

大門未知子!?

さぁ、大門未知子最後の戦いです!

「手術は最後のチャンスなの」

ドクターX最終話お見逃しなく!!

八重の桜 視聴率 速報 47話
yae807

11月24日八重の桜第47話の視聴率は前回の46話と同じで

13.7%でした。

45話から徐々に盛り返してきましたが、

八重の桜もラストに近づいていますもう少し伸びがほしいところだと思います。

48話では、襄との別れがあります。

「まだ別れたくない」と、八重はポロポロと涙を流します。

襄が掛けた言葉とは?

最愛の妻へ贈るラストメッセージは感動を呼びます! 

そして、その感動が視聴率を呼ぶことでしょう。


八重の桜 48話 「グッバイ また会わん」をお楽しみに!

 

ミスパイロット ネタバレ 8話 あらすじ の紹介です。

misupai2


■第8話あらすじ

 行方がわからなくなった小田千里(相武紗季)を心配しながらも

  訓練生5人の手塚晴(堀北真希)、岸井泰治(間宮祥太朗)、小鳥翔(小柳友)、

山田一男(藤井流星)、諸星麻也(庄野崎謙)らが、アメリカでの訓練を無事すべて

終えて帰国した。

帰国してからも晴は、千里が心配で、国木田孝之助(斎藤工)に千里を探したいと

申し出るが、休暇後に始まる訓練に備えてゆっくり休むようにさとされます。


 そして、帰宅しようとしていた国木田の前に千里が現れるのである!!


動画予告では、千里が晴に「会社を辞める」と、「うるさい女が、いなくてのびのびしてたんじゃないのぉ」

と言い放つ。

晴は千里に思わずビンタ 。パシッ! 

それを見ていた訓練生の男たちはびっくり!!

いろんな面で負けていなかった千里は、試験の不合格で脱落しホントに悔しかっただろう。

そして、他の皆が、パイロットになっていくのを嫉妬しながら羨ましがら働くのは、

千里には耐えられないだろう。

千里は、辞表を書いたようだが果たして本当にやめてしまうのか?

それとも、国木田教官や晴たちに説得され会社に残るのだろうか?

益々、目が離せないミスパイロットです!


このページのトップヘ